本文へスキップ

西建第24号 西3-32号線道路改良(その2)工事 第一建設工業株式会社

工事の進み具合progress

2021年5月11日、小針駅の電柱養生。

鋼材の材料を検収しています。
長さを測ります。
材料は、山型鋼と言います。
L型でどちらも20cmで、長さは6mです。
重さは、500kg位です。
これは、工事の数量にはありません。

私の指示により、ある場所に取り付けます。
その場所は、小針駅のコンクリート電柱脇です。
電柱が倒れないように、山型鋼と鋼矢板を連結し、転倒防止を行います。

鋼矢板と山型鋼をボルトと溶接で連結します。
写真は、溶接状況です。


電柱の転倒防止の養生完了しました。
鋼矢板に対して右側の、低い所をさらに掘ります。
掘削時は、電柱の動態観測が必須です。
電柱は絶対に倒しません。


2021年4月28日 5月月間工程表


2021年4月28日、杭打機の後退り。

私、現場代理人の中川と申します。
より良い施工を目指して、32年目になります。
この青いヤツ、初めてみました。
重量、約1tです。
名称は、杭打機専用の『後退装置』と言います。

行き止まりまで、鋼矢板を圧入しました、圧入機にこの後退装置を取り付けて、1枚づつバックします。
後退りします。

ひたすら、後退りします。


後退りが完了しました。
左の奥まで圧入した所からきました。
20枚はあります、10mです。

ここからは、しっかりした足場を利用し、クレーンで吊り上げて回収します。
総重量は、約10tです。

約10tが宙吊りです。
この鋼矢板圧入作業は完了したので、解体と搬出をします。
全部の機材が出るまで、気を引き締めます。


2021年4月26日、デジタルサイネージを設置しました。

宣伝になります。
郵便ポスト裏に設置しました。
55型の液晶パネルを。。

最近でしょうか、いろいろな所にあると思います。
デジタルサイネージと言います。
こちらは、工事の内容説明と工程表と、3D画像を特別に作成しましたので、表示しています。
別工事ですが、新設予定の駐輪場も画像に入れました。
ご覧頂けるとありがたいです。


2021年4月19日昼間、小針駅階段脇の進まない作業。

小針駅階段脇の工事写真です。
この場所は、11.5mの長さになる鋼矢板を杭打機で圧入します。
快晴で気持ちが良いです。
ですが、上空に電話線と高圧電線が存在します。
電話線が一時的に支障し、サスマタで介錯しています。

鋼矢板の圧入状況です。
なぜか、短い鋼矢板です。
11.5mの長さの矢板は、高圧線に接触しますので、短い鋼矢板を溶接して繋ぐ施工です。

この場所は、4枚の鋼矢板を溶接で繋ぎます。
3箇所溶接です。
なので一日で2枚から3枚でしょうか施工します。
(平面距離で、1mから1.5m)
大人の歩幅で、2歩でしょうか。。。
ビックリする位に進みません。
ここは、2週間かかる見込みです。
職人には、安全に行う様指示をします。
そしてちょっとでも早く進みますように心の中で祈ります。


2021年4月12日昼間、鋼矢板の圧入作業。

昼間作業の工事写真です。
この場所は、9.5mの長さになる鋼矢板を杭打機で圧入します。
快晴で気持ちが良いです。

鋼矢板の圧入状況です。
後、4mくらいで完了します。
職人にお願いします、品質良く、そしていっぱい圧入(施工)してください。
欲張りなお願いをいつも以上にしてしまいます。

鋼矢板の圧入完了です。
因みにこの杭打機の重量は、約9tあります。大変重いです。
普通自動車の5倍でしょうか。
この会社は安全に施工しますので安心です。
手前勝手な意見ですが、丁寧に施工します。
仕上がりも隣の鋼矢板の高さとピッタリ合っています。


2021年4月7日夜間、鋼矢板の圧入です。

夜間作業の工事写真です。
この場所は、10.5mの長さになる鋼矢板を杭打機で圧入します。
砂層で入りづらいので水を使用し、施工します。

鋼矢板の圧入状況です。
後、5mくらいで完了します。

鋼矢板の圧入完了です。
1枚当たり、20分から30分掛かります。
鉄道営業時間外に作業しますので、施工時間は大変短いです。


2021年3月31日 4月月間工程表


2021年3月31日、3月の工事進捗状況です。

3月の進捗状況になります。

3月の進捗状況になります。

3月の進捗状況になります。


3月の進捗状況になります。

3月の進捗状況になります。


2021年3月25日夜間、騒音振動対策。

夜間作業の防音対策について。
大型の発電ユニットをシートで囲います。
吸音シートの『エコバリア』と言います。
この青色シートでグルリと囲い、騒音対策をします。
カタログには、最大40dBとあります。
軽くて扱いやすく高性能であり、レンタル費は比例して高額ですが、使用します。

この青色シートの中に、黄色い箱モノがあります。
杭圧入機の発電ユニット(発電機)になります。
騒音の発生源ですが、エコバリアにより、幾分軽減と思います。

こちらも青色の箱モノがあります。
同じく大型の発電機になります。
同じく騒音の発生源なので、エコバリアとまた違う養生の、『吸音パネル』で対策を取ります。
※こちらは別に、防振マットをしいてますが、暗くてみえません。すみません。


夜間作業になりますので、こちらも発電機搭載型の照明施設、『ナイター4灯式投光器』を使用し、安全の為使用しますが、こちらも発電機使用なので、騒音の発生源です。
同じく、エコバリアと吸音パネルで対策をします。

エコバリアと吸音パネルで対策します。

さらに工事箇所の外周は、防音仕様の仮囲いで対策を行います。
作業員には、作業開始前に振動・騒音の軽減を指示しております。


2021年3月24日、パイルローラー使用。

これは何でしょうか?
・・・名前を『パイルローラー』と言います。
これを使用し、振動や騒音の軽減をします。

使用方法は、使用する鋼矢板の下に入れ込み取り付けます。

その後、鋼矢板をクレーンで吊り上げます。
すると、パイルローラーが、良い感じに、移動(滑動)します。


良い感じに、鋼矢板が、ガタンとも、ゴーン、とも無音と振動無く、鋼矢板を吊り上げます。
作業開始、ヨシ!


2021年3月19日2回目、苦情の報告。

苦情が多発。
3月から工事着手し、言いにくいですが毎週あります、3回ありました。
内容は、振動・騒音・粉塵になります。
事前に防音の仮囲いはしましたが、隙間はありました。
左側を10m追加して仮囲いを伸ばしました。

こちらも追加して、防音パネルを設置しました。

最後に入り口もシート養生をしました。
カーテン式です。
※風の影響を受けるので、作業中にカーテンを行います。
再度、近隣の皆様への配慮を実施いたします。
誠にすみませんでした。


2021年3月19日、鋼矢板設置の事前確認。

本工事の説明がありませんでしたので、ご説明させて頂きます。
この工事は、新設になります駐輪場の外周になります、擁壁(土止め)工事です。
写真は、鋼矢板の施工位置について、発注者と受注者が位置について、事前確認をします。
位置の高さも間違えられません。
※3D画像があるのでご覧ください。

測量を2名で確認しています。
機械は、光波測距機を使用します。

測量の結果は、この端末に表示されます。
測量の精度は、左右は0mm、前に1mのズレを確認しました。
この数字であれば、良好です。
※写真が光っていて見えにくく・・・すみません。


2021年3月17日、工事実施に伴う支障物の移設。

小針駅の水道管と下水管が支障します。
この配管を移動しないと、12mあります鋼矢板が設置できません。
1m以上深くを、作業員が手で掘りです。
写真は、職人が配管をしています。

黒色の細い管が、水道管です。
ちょっと大きいグレーの管が、下水管です。
クビレたところまで、鋼矢板を設置します。
鋼矢板の紹介は、次回くらいに行います。


2021年3月12日、既存の構造物撤去。

3月の前半は構造物の撤去です。
駐輪場内のアスファルト舗装を撤去しています。

コンクリート構造物をはつり、取り壊します。
住宅地側には、防音の仮囲いと、移動式吸音パネルを設置し、環境(騒音など)対策をします。

壊したコンクリートの塊を、処分場へ搬出しますが、ダンプトラックの積載重量が多過ぎないように、現場内で軽量します。
この黄色い板の上にのると、重量が計れます。
トラックスケールと言います。


トラックスケールの上に、ダンプの前輪を載せます。

次に、後輪をトラックスケールの上に載せ計量します。

この時の積載重量は、2.81tでした。
『NET:2810kg』チャートがでます。


2021年3月2日、分煙室設置。

本現場は分煙実施中となります。
私、中川と現場担当者の川口は喫煙はしませんが、作業員は喫煙者はいますので、分煙を実施します。

現場にあります、ハウスです。
2棟の内、左の建物が分煙室となります。

分煙室です。
窓に表示してあります。


中には、分煙機を設置してます。

分煙機は人感機能付きなので、中央の黒いとこから、煙を吸引します。


2021年2月26日 3月月間工程表


2021年2月25日、仮駐輪場の利用開始。

2月10日に仮駐輪場の利用案内看板を設置しました。
青色の箇所が、仮駐輪場になりますので2月24日より、ご利用願います。

小針駅第3駐輪場の移動案内です。
2月25日より駐輪場が移動になりました。
朝9時より、駐輪場は閉鎖です。
・・・自転車が全て移動されていれば

25日の午前中の写真です。
現場作業員が1台づつ、手作業で残っている自転車を運んでいます。
ガンバッテ、もらいます。


2021年2月19日、工事の着手。

本工事の紹介になります。
来週、2月22日より工事を着手します。
ご迷惑をおかけすると思いますが、
安全に工事いたしますのでよろしくお願い致します。
週休2日で工事いたします。


2021年2月 着手前